きまぐれオファー

2011年08月04日

ホワイトチョコはなぜ白い

そんな当たり前のこと気になったことありますか?ないですよね?笑


私はホワイトチョコがチョコの中で一番好きなので、ちょっと調べてみました!





カカオ豆とはカカオの木になる果肉のなかの球状の種子のことをいいます。


この豆を火にかけて妙り、皮などをのぞいてすりつぶすのです。


こうしてできた粉末をカカオといい、例のとおり褐色をしています。


これに粉乳や砂糖を加え、練ってかためたものが特有の香りと苦味を持つチョコレートなのです。


粉末のカカオマスをさらに圧力をかけてしぼると、カカオバターという白い脂肪分が取れるのだが、このカカオバターに粉乳や白い砂糖を加え練り固めるとホワイトチョコレートができるのです。


又、色と苦味のもとになるカカオマスをじかに混入させないので白い脂肪分の色がいかされ味も苦味もないマイルドなものになります。



だそうです!笑



なんでいきなりチョコネタかって?

豆・知識だけに笑(くだらね)


では今日はこの辺で!
posted by マンボー at 19:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。