きまぐれオファー

2011年08月05日

マンホールの蓋はなぜ丸いのか?

道路を歩いててふと思った。

『なんでマンホールの蓋って丸いの?四角でもいいじゃん?』

どうでもいいことだけど、気になったらいてもたってもいられない性格なので

調べちゃいました。笑





マンホールは『人孔(じんこう)』とも呼ばれているが、これは英語の manhole を直訳した言葉になります。


街の中の道路の地下には下水や電力、通信ケーブルなどが通っているが、主に下水道の地中路のところどころに設けられているのがこのマンホールで作業や点検の時の出入り口にされています。


このマンホールの蓋はその上を通過する車などの重量に耐えられるように鉄製でできています。


蓋は円形である事が多いがその理由は作業員の出入りがしやすいと言う事の他に、円形の直径はどこも一定なので菅口の上部のささえの直径を蓋よりも小さい直径にしておくと絶対に落下しないというメリットもあるからです。




落下しないようにとかよくできてるね〜。



身の回りに当然のようにあるものを調べてみると、面白いですよ!

posted by マンボー at 13:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。