きまぐれオファー

2011年08月20日

カニ!!

カニやエビはほかの缶詰類と違って、必ず中身が半透明な白い紙で包まれてい
ます。


それはカニ缶が高価なものだから、ほかの缶詰よりも丁寧に扱ったので
す。というのは真っ赤なうそ。


ましてや身が崩れやすいので、それを防ぐため
にというわけでもありません。


もちろん腐るのを防ぐためのものでもありません。


それは缶詰の目的が腐るの
を防ぐためのものである事を考えれば分かるはずです。


でもそれならなおさら
紙を入れる必要性がどこにあるのか、という疑問が湧いてきます。


実は、カニ
やエビのような食材が持つ成分が原因の一つなのです。


カニやエビを缶の中に長く入れておくと「ストラバイト現象」というものが起
こります。


これは、カニやエビに含まれている成分と、缶の鉄やすずとが化学
変化を起こして、ガラス片のようなものを作り出すものです。


またこれによって変色をきたしたり、味を悪くしたりする事もあります。そこで出てくるのが
あの紙、「酸性パーチ」と呼ばれるものです。


これを入れるとなぜ化学変化を防げるか、というのは実ははっきりと解明され
ていませんが、この紙を入れたからといって確実にガラス片のようなものの発
生を防ぐ事ができるわけではなく、現在でもカニ缶に対する苦情の多くが「ガ
ラスが入っていた」というものだとか。

この物質、毒性のものではないので、
たとえ入っていても心配する事はないのです。ガラスではないのですから。

ラベル:豆知識 雑学
posted by マンボー at 03:43| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

同じ茶葉から緑茶・烏龍茶・紅茶ができる

同じ茶葉から緑茶・烏龍茶・紅茶ができるって知ってました?


茶葉の発酵の度合いによって、様々なお茶になります。


もともとは同じ「お茶の樹」の葉からつくられています。


3種類の違いはつくり方です。


発酵させてつくるのがウーロン茶と紅茶(ここでいう発酵は、皮をむいたリンゴが茶色に変色していくのと同じ、酸化の一種です)。


ウーロン茶は発酵を途中で止め、紅茶は完全に発酵させてつくります。それに対し、緑茶はまったく発酵させずにつくるところが大きな違いといえます。

ラベル:豆知識 雑学
posted by マンボー at 07:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。