きまぐれオファー

2011年08月16日

床屋さんのぐるぐる

理髪店の前に必ずといって良いほどよく置いてある、ぐるぐる回る三色模様のオブジェらしき物にはちゃんとした意味があるのです。


それぞれの色の意味は赤は動脈を意味し、青は静脈を意味し、白は包帯を表していて、それは理髪業の発生の歴史を示していると言ってもいいでしょう。



紀元前のギリシャでは床屋さんが外科医も兼ねていて散髪や髭剃りだけでなくハサミやメスを使う外科治療も彼らの仕事だったのです。驚きですよね・・・そしてこれらの事から紀元前での彼らはすでに人間の体の中には赤い血が流れる動脈と黒い血が流れる静脈がある事を知っていた事にもなります。


血液検査や献血などでは静脈の血が採取されるのですが、炭酸ガスを含んでいる為に血がドス黒い色をしているのです。この静脈は体の表面を走っている血管ですが、ギリシャの床屋兼外科医達は、血のめぐりが悪いところの静脈を切開し、悪い血を除去する瀉血(しゃけつ)などをほどこしていました。


反対に動脈の血には酸素が多い為鮮やかな紅色をしています。この血管はほとんどが体の奥の方を走っていますが、例外的に手首や首の側面、股の付け根の内側などでは表面に浮き出ている血管でもあり誤ってこの血管が切れると激しく出血します。自殺者がよく手首をナイフなどで切るのもこのことからなのです。


また後のローマ時代になると貴族を処刑するにあたって名誉ある死を選ばさせる場合は腕の静脈を切開し、長時間かけて出血死させる方法がとられていたのも事実であります。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
posted by マンボー at 01:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

勝ち取りました(?)13万円っ!!


私の友人の話なのですが、

数ヶ月前、フランスに行った時に思いもよらないアクシデント・・・

この日の為にお金を溜めて、休みを取って、
心ときめかせ降り立った、シャルル・ド・ゴール空港。だのに・・・

まさか、うそでしょ。。

ないっ!ないっ!私の荷物ーっ!!という事態が起きた。

空港の人に身振り手振りで荷物が出てこない事を告げると、
こ慣れた感じで、「明日か明後日にはホテルに届けるから、
ホテルどこ?」的な事を言われた(たぶん)。しかし・・・

滞在中(1週間近く)音沙汰無し。
こちらから連絡するも、担当者不在の為、お繋ぎできませんと!!

なんなのっ!!

最初は、話のネタになるー♪
なんて、楽観的に構えてたけど・・・

日が経つにつれだんだん、苛立ちと悲しさがこみ上げてきた。。

だって!!せっかく色々お買い物しよう♪
って楽しみにしてたのに!!買うのは、必要に迫られた日用品。。

シャンプーやリンス、、
(ボディソープとボディクリーム、
  間違えて買って、頭 洗っちゃった。。)

パジャマ、、
(なんでこんなトコで買わなきゃいけないの。。
 と思いながら、どうせなので派手なのにした!)

服、、
(コレが、困った。。オシャレすぎて
  どこで買っていいのかわかんない。。)

で 結局、、最終日まで荷物は届かず、、
キャリーケースまで買い直す羽目に、、

私、何しに来たんだろ。。

観光したいのに、時間もお金も削られた。。
たかが、荷物。されど荷物。大した物は入っていない。
けど、イザなくなると、こんなに困るなんて。。

くそぉっ!!!

で、この悔しさを胸に、帰りの飛行機の中、
モンモンとしていたら・・・

あっ!私、荷物紛失保険かけてたんだ!!
て事に気がついた♪で、日本に着いてすぐ、窓口へ!だけど、、

これがまた、タイヘン。。

書類にいろいろ記入して、どうやら
ブリティッシュエアウェイズ(利用した航空会社)に
荷物紛失の書類?をもらわないといけないらしい。。

えーっ! またあそこに電話すんのぉー・・

ウンザリ。滞在中1週間、かけても出ないし、
出たと思ったら、たらいまわしにされて、結局、
担当者不在の為、お繋ぎできませんと言う・・

強すぎる、、ブリティッシュエアウェイズ。。

はぁ。それでも何度か電話を試みる。でも、相変わらずの対応に、
担当者なんていないんじゃないのーっ!?と怒り散らす寸前で、、

繋がった!!担当者、いたーっ!!

で、粘り強い私に根負けしたな!けけ(笑)
と思いながら、冷静に話す。どうせテキトーなんだろうなー、
とも思いながら。すると・・・

はりゃ?

丁重に詫びてくださり、至急荷物の行方を調査します!
荷物が見つかれば直ぐに連絡します!との事。意外な対応だった。
で、待つ事、数週間。。

また、音沙汰無し!!

くそぉ!!と思いながら電話すると今度は、、
「荷物、見つかりましたので、お送りしてます!」
「1週間くらいで着くと思いますよ♪」とケロっと言い放つ。

ひょー・・・

海外って、、精神鍛えられますわ♪
モヤモヤしたけど、瞬時にどうでもよくなって、
もういいやーー!!と、電話を切った。

それから極力期待しないように、荷物を待つ事、早半年・・・

こない。

やっぱりね♪って、面倒になって
保証の手続きも完全に諦めていた。だけど・・・

来たんです。半年後!!

何を思ったか、ブリティッシュエアウェイズから連絡が!!
それも、保証の申請に必要な書類を送ってくれる と言うの!!

今更??
あの、荷物送ってます宣言は何だったの!?

色々疑問だったけど、またテキトーかもしれないし、
「じゃぁ送っといて下さい。」と軽く返しといた。そしたら・・・

キターッ!!

連絡あってさらに1ヶ月後、ほんとに来ました!

色々信じられない思いです。
本物か!?と疑いたくなるくらい!

で、ようやく保証の申請が降りて・・
勝ち取りました(?)13万円っ!!

はぁ、、長かったー。。

こういう事ってあるんですね。。

後で調べたんですが、荷物の紛失って、やっぱり多い。
荷物たち、どこ行くんでしょ??きっと溜まり場みたいなトコに
投げやられているんだわっ あぁヒドイ!お気に入りの物もあったのに。。


で、ついでなので、今後の対策を模索してみた。

@自分の連絡先と日程表を書いた紙を、
 あればキャリーケースの外ポケットに入れる。
(白ハンカチやシーツの端切れなどに連絡先とスケジュールを書いて、
  荷札の代わりに結び付ける人もいるとか。)

A新たに購入した物は、補償のためレシートを残しておく。


これだね♪

皆さんも、これから休みに、
どこかへお出かけの際は、ご注意くださいねーっ!!
posted by マンボー at 15:18| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。